新着情報

福井県産のそば粉、越前そば粉の情報をお届けします!

クラウドファンディングMakuake 本日最終日

2022年11月14日
おしらせ
弊社では、現在クラウドファンディングmakuakeに挑戦しております。
かなり苦戦しております。
本日14日が最終日です。
よろしくお願いします。

ギフトセットなどに使用する
「福井県による特別栽培(農薬不使用・化学肥料不使用)」に認証された令和4年産の新ソバが入荷しました。
今週中には発送可能です。

もうすぐ新そば!新そば予約受付中!

2022年10月20日
おしらせ
福井のそば畑は現在白い実から茶色い実へと変わりつつあります。
気温が下がり、昼夜の寒暖差ができ実が茶色く色づく頃には、刈取りが始まるでしょう。
早刈りの新そばをお届けできるまで、後2週間ちょっと。
もうしばらくお待ちください。


なお、新そばの予約に関しましては、普通にお申し込みください。
ただし必ず備考欄に、「新そばで」、あるいは「新そばができ次第発送」なる記述をご記入ください。
お待ちしております。

★極低温熟成そば粉絶賛発売中!!★

2022年08月12日
おしらせ
★極低温熟成そば粉 絶賛発売中!!★

秋に収穫のそばは、翌年の夏にはどうしても味が落ちてしまいます。
 そこで、11・12月新そばの時期に玄ソバ・抜実を真空パックし、冷凍保存をします。そばを酸化などにより劣化させる原因は、光・高温・乾燥・酸素にあります。これらすべてを遮断し、新そばの状態のまま冷凍保存するのです。
 鮮度が保存されたソバは、色良し、香り良しです。それ以上に甘みが増す熟成効果もあります。
冷凍した玄ソバは福井県産大野在来種早刈りそばです

美味しいそばに仕上がってます。

ご注文はこちら!






 

★雪室そば粉 数量限定販売中★

2022年08月11日
おしらせ
ただ今、雪室そば粉 限定販売中

 雪室そばは文字通り、雪で室(むろ)を作ってその中に保管したそばを指します。
 そばを長期保存するのに有効な方法で、高い湿度を保ったまま、低温貯蔵することで乾燥を防ぎ、そばの色や風味を保つことが出来ます。
 冬に降り積もった雪を倉庫内に搬入し、その冷気を循環させて庫内を冷やします。庫内の温度は0℃に近い低温で一定に保ち、7月でも3℃台を保っております。 
 湿度は80〜90%で一般的な冷蔵庫で保存すると乾燥し劣化してしまう蕎麦の実を雪室に入れることによって鮮度を保持し、それ以上に糖度が上昇するというデータもあります。
 水分量は、雪室内の湿度が高いために玄そばを密封して保存していることもあり、ほとんど収穫時と変化はありません。
 美味しいそば粉に仕上がってます。

ご注文はこちら!



新そば「福井の夏そば」入荷!8月末までの限定販売!

2022年07月22日
おしらせ

いよいよ今年も「福井の夏そば新そばが期間限定販売中。

 夏そばの生産は今年で12年目。初めは「春のいぶき(九州)」「なつみ(北陸)」の品種を用いましたが、2年目より「キタワセ(北海道)」を追加し、研究を行なってきました。三年前より「キタワセ」に品種を絞り、本格栽培となりました。
 秋の福井産新そばに比べると味は多少なりとも落ちますが、そばが最も求められるこの夏の時期に新そばを食べられるのは魅力的です。キタワセを使用しても福井産の味が漂います。

今のところ8月末までの期間限定販売といたします。

「福井の夏そば」2022年7月産
 〇品種:キタワセソバ
 〇産地:福井市・坂井市北部丘陵地区

☆2015年、FBC「旅サラダ」で「福井の夏そば」が紹介されました。

ご注文はこちらへ