新着情報

福井県産のそば粉、越前そば粉の情報をお届けします!

今年2016年も越前寒晒しそばに挑戦中

2016年01月23日
おしらせ
越前寒ざらし蕎麦日記2016
今年も「寒晒しそば」に挑戦中!
 寒晒し処理とは、秋に収穫した新そばを、玄そばの状態で厳寒の冷たい清流に10日から14日ほど漬け、それを引き上げ戸外の天日と寒風に晒しながら約1ヶ月かけて乾燥する一連の作業である。こうして作ったソバは、アクが抜け舌触りも良く、甘味のある淡白な味わいの蕎麦になるとされている。
 寒晒しそばは、古くは江戸時代に、信濃国の高遠藩・高島藩から将軍家へ献上されていたとの記述があり、現在でも山形、福島、長野などで復活され、村おこし事業の一環として取り組んでいる地域もある。
 原料は越前大野産の玄ソバ。水につける場所は、工場からほど近い「一乗滝」付近。昨年は水温が高かったのか一部発芽してしまったので、漬ける場所を一昨年の場所に戻してみた。今夜から大寒波が押し寄せるとのこと。その前に作業を終えるべく大寒の次の日に作業を実施。水温は5度と意外に高めか。
 10日後には川から引き上げる。
今年はどんな味になるだろうか?
乞うご期待下さい!

謹賀新年

2016年01月02日
おしらせ
新年あけましておめでとうございます!
昨年もご愛顧いただき深く感謝申し上げます。今年は皆様にとって良き1年になりますように!
  また弊社も世の中のお役にたてるよう心新たに取り組みたいと思います。 また、本年もその時点でできる限り、香りの良い・風味の良い・打ちやすいそば粉を、お届けできるよう努めてまいりますので、相変わらずよろしくお引き立ての程お願い申し上げます。 1月6日(水)より営業いたします。